福隆の製造プロセスは、倉庫からの原料搬入→旋盤切削、フライス、中ぐり、ドリル加工製造プロセス→研磨立て旋盤製造プロセス→クロメート層コーティング製造プロセス→表面艶出し作業→品質検査包装等級分けフロー→出荷完了までの一貫化フローです。これによりお客様を代行する各種加工業務を更に発展させており、すでに今では明確な分業体制、工程ごとの検査を経る加工システムを構築しています。現在福隆には、時代の変化に応え競争力で抜きん出るために、すでに数十種類の加工生産設備と、計200台近くの機械を擁し、加工能力は直径で800mm、長さで15Mに達しています。加工を大きく5つにグループ分けし、お客様のために最高級の加工環境を備えています。